JYPN in Japan 160902-04

09-11,2016


3日間行ってきました。
レポを書こうと思っていたのですが
んーーと、
鮮明になにかを覚えているかと言うと
あんまり覚えていなくてですね。
だれが目の前に来たかとかそういうのしか
覚えてないんです←
にょんまくは近くで見れなかったし。
レポにはならんなこれは、と思うので書きません←
ここに書き連ねたのはただの感想文www

唯一真相がわかったのは、
ソウルのとき見た、
メインステージでわざわざちにょんが
まくのところまで行って拳ごっつんこ、は
ごっつんこではなくて
マイクを受け渡していたのだということ(笑)
直前までまくが使っていたマイクを
次の曲でちにょんが使うことになってたらしい。
だから毎回取りにいってたんだね(笑)


わたし花道の左右の先端に
2日連続配置されたんですけど
1日目なんて最前だったから近すぎたのか
みんなこっち見てくれないんですよ(笑)
唯一気づいてくれたのなみょんさんだけwww
ありがとうなみょんさんwww
たぶんしゃがんだとき
目線が下がって気づいたんだろうなwww
目の前来て踊り狂ってくれてありがとwww

あとは「みんなとアイコンタクトします!」
と言ったべむちゃんと、
奇跡的に一瞬ちにょんと目が合ったよwww
やったwww(ライブ中に目が合ったの初めて←)

やっぱり会場が大きいと
なかなかペンサもらうのは難しいっすね。
ホールやZeppとはわけがちがうわ。


それにしてもじぇくが。
中国サセン許せない。出禁にしてほしい。
追突なんて最悪だよ。
初日とてもつらそうなじぇくを見てこっちもつらかった。
2日め以降結局出れなくて。
じぇくはさぞかしくやしかったろうと思います。
じぇくは絶対ペンを悪く言わないけど
それにあぐらをかくんじゃねえ。
サセン許すまじ。
日本に残ってお仕事してたみたいだけど
(ハングル講座撮り溜めとみた)
大丈夫だったのか…
今、重慶にちにょん兄と行ってるけど
写真では元気そう。大事にしてね。



で、ネーション楽しかったんだけど。
所詮はJYP好きだから
みーんな好きなのですが
G.Soulさんとバーナードくん気になるwww
じーそうるさんの絶妙な挙動不審さ、
いかにもJYPじゃねって思ったし
バーナードくんな、
ごあいさつとかどうしていいかわかんなくて
言い終わって早々に逃げ帰っちゃって
好印象しかないwww
真冬のソウルでちょっと照れ気味に
ぺこっとしてくれたの思い出すよwww

とわいすはみんなかわいかった。
今までピンと来てなかった子達も
実物見たらすげーかわいいわw
それよりわたしワンガの
ソンミとリムちゃん好きすぎてwwww
きれーい脚ながーい、ってずっと見てた。


ぴえむ先輩は言わずもがな、
単コンかのごとく
めっちゃ楽しそうにMCしてて
ずっとしゃべらせておいてあげたかった。
そうやって楽しそうにしているのを
われらはずっと見ていたいのだ。
圧巻のステージとのギャップ、
彼らの魅力の最たるもの。
3日間ともDVDにしてほしい。


そしてがっせぶん。
2年前のネーションを思い出すと
なんと大人になったことか、と。
すっかり大きいステージにも慣れて
パフォーマンスにも余裕がある。
じぇびはじぇくの分も、という気概が
随所にあらわれててめっさイケメンでした。

イケメンていえば
ちにょんさん、なんですかあの美しさ。
ハンサムがすぎる。
花道をこっちに向かって
後光の差したハンサムが、
きらきらしながら歩いてくるの。
ぎぃえええええ
ハンサムがこっち来るー!ひぃぃ!ってなったよ。
ここんところのハンサム具合、ハンパないっす。
胸毛あっても全然いいっす。
(そっとしといてやれ)


まくちゃんのセンイルを
ハピバの大合唱で祝ってるのを
なぜかちにょんが片手を上げながら
「ありがとうございまーす」って遮ったのなんなん。
まくが「ありがとございまぁす」って言ったらまた
”ちにょんが”「ありがとうございまーす」って
どーもどーもって周り中に手振って
ぺこぺこしたんだよねww
おまえが言うかよw
しゃーない。
嫁の誕生日だからしゃーない。
嫁の誕生日祝ってくれてありがとうだな。

その前ふりのときから
なぜかまくの背中触ってたし
この日も彼氏ヅラ満開だった。


最終日9月4日はまくのセンイルだけでなくて
ぴえむのデビュー記念日でもあるので
まくちゃんはちょっと遠慮してました。
遠慮するまくをぴえむ先輩も気遣って
「ハッピーバースデイ!」って
じゅんけが(前に出ておいで)って呼んでくれたし
まくも「2PM8周年!!!」って言って盛り上げたし
なんていい先輩後輩だろ。
まくちゃんみんなにいい子いい子されて。
うよんにもじゅのにも。
じゅんけにはまくちゃんのほうから
ぴょんと背中に飛び乗っておんぶしてもらっちゃってさ!
かわいかったのなんの。
じゅんけ兄さん、花道の最後の上りスロープあたりで
ちょっと疲れたっぽかったけどwww
最後のわちゃわちゃでも
ぴえむとがっせでも絡んでたし
ネーションならではですねー
いいもの見ましたねー


2日目からがっせは
アンコ終わって花道わちゃわちゃのとき
全員そろって何箇所かでごあいさつしてってくれました。
3日目、その花道で
次の場所に移動するのに
ちにょんがまくの手を引いていったのが
なにしろよろしかったです。←
そのあとちにょんさんはべむの手も引くのですが
そんなことはどうでもいいのです←

ソウルより4曲くらい入れ替わったり足されたりして
結局4時間近い公演でしたねw
モリ↑ガッテヨがこんなにモリ↑ガルとは
BBA思っておりませんでした。
この間のツアーのときも盛り上がってはいたけど
まあうよんコラボ効果もあったとはいえ
あの会場を包んだ雰囲気は
いままでがっせのライブでは
感じたことのないものだったな。
(もしかしたらアンコンでは
そういう雰囲気になったのかもしれないけど。)
ライブの醍醐味を感じました。
ライブにぴったりのステキな曲を
ありがとううよん先輩。
これからもあの曲は
日本のライブでのスタンダードになると思う。

そんでね
若いあがせさんたちは
はれす姉さんたちの統率のとれた
ペンラとタオル捌きとコールアンドレスポンスに
けっこうびっくりしていたみたいですね。
あれが年季というものだよ。
アーティストとペンが培ってきた
時間がそうさせるのよ。

いつかあがせもそうなれますかね。

ペンはアーティストの鏡だから。
がっせにふさわしいペンになろうではないですか。


さ、もうすぐぴえむもがっせもカムバですね。
忙しくなるー!
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK